空想ぱふぇ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業主婦になりたい

0   0

という本を図書館から借りて来ました。まったく中身を見ずにタイトルだけで選んだ物です。裏書きを読むと同年齢の作家でちょっと親近感もわいたのです。待ち時間に読むつもりで免許の更新手続きに持参。警察署のロビーで読みだしました。

「あーっと、、えー、、そのー、、、
これ、、ここで読むのは勇気がいるかも。。。」
「カバーしていてよかった。。」

これが始めの10ページほど読んでの感想です。
なんでって、、心が既に還暦を迎えている(子供に戻ったとも言う。)私にはおたおたしてしまうような、その、、前半はちょっと想像してなかったエロイ内容だったのでした。。カップリングバーだの○ワップだの馴染のない単語がどんどんでてきてあせりました。ま、主人公はそれ以外はけなげな一市民で、ばつ一、子持ち。なにかをなしとげないまま40に突入しようとしている自分におおいに焦りと無力感を、家族には罪悪感を感じて苦悩しているのです。この辺は共感できる部分もあって、家で夜に一気読みしました。
いいなぁと思ったのは、主人公の父が結婚する娘(主人公)に対して綴った手紙。
『結婚するとお互いがなんでも話合って解決するだけではおさまらない事もある。あきらめることによって前進することもある。』と解いているところ。なんだか『結婚したら片目つむって、、』と似ているけれど。離婚の道を選んだけれどその後相手の立場を思いやってみて別の見方を発見した主人公はそれを読み直すのです。主人公の気持ちを思うとしみじみしてじーんと来ました。
最近いわゆる文芸小説?から遠ざかっていたので小説という形で他人の考えに触れるのがひどく新鮮でした。

触発されて本日、本を2冊購入してしまった。

「専業主婦になりたい」 水野スミレ著 中央公論新社

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuusourecipe.blog6.fc2.com/tb.php/57-85ce2c93
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。