空想ぱふぇ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤毛のアン

0   0



ようやく昨日、今年度の読み聞かせ用便箋をメンバーに渡してまいりました。
今年度のテーマというか、方針は、「名作劇場」です。
んー、現代ものの話はそこそこ子供の皆様も読んでいると思うので、『すたれるかもしれない昔の名作をもう一度。』ってことです。
一応、著作権切れたものをイラストにしてゆこうと思っております。でも、イラスト自体がもうすばらしいものは、描くつもりありません。「ピーターラビット」とか、「星の王子さま」とか。「プーさん」シリーズとかもかな。
それ以外に世界の色々な作品を、、と思ったのですが、偏りはさけれないようです。ドイツ代表でケストナーさんと思っていたのですが、つい最近まで御存命だったりして「飛ぶ教室」「点子ちゃんとアントン」などは描がきたくても断念しました。また、著作権も戦争中の加算年数があったりして、複雑なことを知りました。あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、一応HPにアップするので配慮します。



んで、5月は「赤毛のアン」です。
元気なアンとダイアナを描がきました。
これは不朽の名作って気がしますが、初夏という時期にいいかんじがして。それから、男の子もちょっとはアンを知っていて欲しいぞ!!

いや、その作品をいつ知るかとか好きか嫌いかはなどは別ですが、出会っておいて損はないかなと。
私も小学生の頃はアンが苦手な方でした。他の小道具や年代、情景、全部好みだったのですがね。おしゃべりが過ぎてついてゆけない感じがしました。疲れるというか。。でも今は好いかな。バイタリティに好感持ってます。私が歳とっただけかなぁ。。。

みんな、待っててね!
アップは読み聞かせが始まり次第します

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuusourecipe.blog6.fc2.com/tb.php/40-d33b959d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。