空想ぱふぇ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能の需要と供給

0   0

昔、高校でとても似顔絵の上手な先輩が居ると言われていた。
とってもアングラとしか言い様のない雑誌(どんだけアングラかって、普通の本屋では置いてなかったくらい(汗^^;;))の読者投稿欄に良く載っていたので友人と話題になったものだった。とにかく上手い。今ならYou tubeあたりにイラストを描く過程をアプでもしておくと再生回数ミリオンまちがいなし?ではないかと思われる程の腕前であった。緻密でそれでいてきちんとオリジナリティのあるイラストで、好みはあれど上手いと皆が口をそろえる事まちがいなしと思うクオリティだった。

で、この先輩?の事をふと思いだしたのだ。

彼女は今何をしているんだろう。

どこかでバリバリ働いているんだろうか。主婦もしてるんだろうか。

あまり似顔絵なんぞに興味はなかったのでその後を知らないのだが、プロになったのだろうか。


もし、なってなかったとして。


彼女の人生にはあの才能は必要でなかったということになる。いや、生活の手段としては、と言った方が妥当だろう。それはそれで彼女の事なんだけれども。なんだかもったいないと思うのも外野の勝手である。

何を持って生まれてくるか、何を使って生きていくか。

必要なものがない人もいれば、ある人もいて。

組み合せはきっと無限にあるんだろう。

私は持って生まれたものと使っているものの帳尻があっているかしらん。。

本屋に行って、『○○代までにしておきたい事』
なんてタイトルの本を見ると

「おわってる、、、終ってるよ、、私…」

と思う事の方が多い年になってしまっている事に気づかされて、暗澹たる気になって帰宅した本日。

あーあ、、、お誕生月なんだよぉ、、、。

うれしくないなぁ、、


やっぱ、子には期待かけちゃうよね。

同じ失敗するなって言いたいよね。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuusourecipe.blog6.fc2.com/tb.php/195-3f78e9ef
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。