空想ぱふぇ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンの怪

0   0

心地良い風が吹いて、、、本日は晴天なり。
我が家にも布の切れ端のような細く挟い庭が存在する。

日の一番当たる道路に面した手前側にはラベンダーが一株、大きさ約70センチの球状で繁っている。これからが本番と言いたげに紫色になりつつある花芽が風に揺れている。毎年よく花をつけて繁ってくれるラベンダー。相性が良いのか、我が家では野生を取りもどしたようにワイルドな樹状になって繁るのだ。前の家では本当に木になっていたので、ここに越してからは冬に大きく刈込をしている。それでもこの時期にはわさわさと繁っているからその生命力はすばらしい。虫もほとんどつかないのでありがたい。
その脇に場所を間違ってしまったなと反省しつつあるのがバジルとつるバラ。バジルは完全に日陰というか、葉の陰になってしまったので植え替えをしてやった。つるバラは春に100円で投げ売りされていたものを買って植たもの。なんとか花をつけているのでこれから大きくなるだろう。バラは虫や病気が多いのであまり好きではない(他所様で見るのはとっても好き)のだが、値段につられて買ってしまった。

他にもラズベリーが2株、赤スグリが2株、ブルーベリーが2株。
緑のスグリはその刺に危険を感じ、根っこを残して切ったのに毎年まじめに出てくる。塩をつけて食すとさっぱりしていて好きなのだけれど。。

挿し木して根付いた白の沈丁花はお気に入り。昨年は根本が野良猫のトイレになってしまい、うっかり灯油をまいた。量が多かったせいか花目が皆だめになり、木自体がしょんぼりとしてしまい気をもんだが、今年は勢いを取り戻し、みごとによい香を楽しめた。
そんな沈丁花の日陰にクリスマスローズを2株植えたのが一昨昨年。今年から咲きだした。まだ見られる。予想外に息の長い花だ。

その他にもあれやこれやと草花が植えられたり勝手にはえたりしている。

そして、、本日のお題。
不思議な事。
5月に植えたキュウリの苗が4つ。
すっかりなくなってしまっている。
まるっきりない。
茎もない。

ここまでみごとに食べたのは、、、誰?

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuusourecipe.blog6.fc2.com/tb.php/132-dcbc286e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。