空想ぱふぇ

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物での会話

0   0

海外旅行でお買い物は楽しみの一つですが、ここでのやりとりは緊張の一瞬。
なんたって、予想外の会話をしかけられるともう、滝汗です。

アメリカに関してだけ言えば、、店員はよく声をかけてきてくれますね。
「なにか質問ある?」
「こんにちは。必要なことあるかしら?」
「ゆっくり見ていってね。」
こちらが日本人とわかったら、わざわざ日本人の店員さんを紹介してくれたりします。
ここでちょっと現地の情報を仕入れられたりするのでこんな時はのがさずありがたくお話します。

そして、、無事に買う物が決まりレジへ。
緊張の瞬間の始まりです。
1回目は「カードかキャッシュか?」ぐらいで済ました。
2回目はそれにデビット払いが加わり、ちょっと混乱しました。
3回目の今回は、、、「メルアド教えて。」がありました。
メルマガでも出すようで、その場ですらすらとメルアドを言う現地の方に、
よく覚えているなぁ、、と、感心しました。
ついでに今までで一番、IDの提示を求められましたね。

ここでようやく支払いにこぎつくわけですが、、その後も油断してはなりません。
「あなたのバックいいわね」とか、
「恵まれない子供たちの医療のために1$でもいいので御寄付を」とか、
「観光?日本人?友人が○○に住んでいるわ」とか、
「日本だいすき!」(と、ここでなにやら忍者のようなアクションが入る)
とか続きます。
面くらいつつもつたない英語でなんとか応答。
上手にできたときには

「Happy holiday !!」

という笑顔と言葉で送りだしてもらえます。
なんとも言えない快感と満足感。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuusourecipe.blog6.fc2.com/tb.php/105-f428ea45
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。